ビジネスマナーを教わりたい【知識をしっかり学ぼう】

会社のマナー講座

スーツの男女

優秀な人材にするために

新卒の社員を入社させたときには、新入社員研修などで、ビジネスマナー講座などを行うと良いでしょう。新卒の若い社員は、ビジネスマナーを知らないという場合がほとんどです。大学である程度学んできたという場合もありますが、やはり社会人としての自覚を芽生えさせるという理由から、きちんと行ったほうが良いでしょう。ビジネスマナー講座で行うべきことは、名刺交換、敬語の使い方などです。まず名刺交換については、学生時代に名刺を持っている学生はほぼいませんので、全くやり方がわからない新入社員がほとんどです。交換の基本的動作、複数人がいたときの順番、名刺を切らしたときの対処法など、細かく講座を行います。また、名刺の扱い方や見方なども教えておくと良いでしょう。社会人になると、名刺交換の場面はかなり増えてきます。会社の看板を背負っている以上、そこで恥をかかせないようにしっかりと行いましょう。また、敬語の使い方についても同様です。敬語を全く使えない、という人はいませんが、ビジネスマナーとしての敬語の使い方を知らない場合も多いのです。上司に使う言葉、お客様に使う言葉など、対応する人が変わったときに変化する敬語というのをしっかり覚えてもらいましょう。新人の少しの間違った言葉使いで、取引先との関係が崩れてしまうということも考えられます。優秀な人材を育て会社を発展させるために、講師を招ききちんとしたビジネスマナーを教えましょう。